おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

産湯海水浴場へいらっしゃい! 海の家、駐車場などリニューアル [日高町]

[2014年7月25日掲載]

夏本番、ことしはきれいな地元の産湯海水浴場で泳ごう!和歌山県日高郡の日高町が県と国の補助を受け3カ年計画で進めていた産湯海水浴場の整備工事が完成し12日、日高町観光協会(金﨑昭仁会長)主催による海開きを行った。かつては関西の有数な海水浴場として16万人もの人出でにぎわっていたが昨年度のシーズン中の利用者は約2万4000人と落ち込み、再び以前のにぎわいを取り戻そうと再生を誓う海開きとなった。

(写真/遠浅で家族で楽しめる産湯海水浴場)


整備された海の家は(地域交流拠点施設)外観が白とグレーで開放感があり、海水浴客が水着のまま食事や飲食ができ、男女各4室のシャワー室がある。駐車場はアスファルト舗装して区画整備され普通乗用車で200台以上を確保した。

また、養浜工事は砂利の部分が目立つところをならしたうえで産湯漁港に堆積している砂や集落側へ流されている砂を約1500立方メートルをメーンゲート前の砂浜付近に運び入れた。海岸にあったテトラポットも撤去。観光案内板は2基と海岸エリアマップを設置したほか、海水浴場周辺地区整備事業や水路改修なども行われた。

12日の海開きには運営する日高町地域振興㈱の石家良昭代表をはじめ松本秀司町長、冨安民浩県議ら約20人が出席。期間中の安全を祈願したあとメーンゲートでテープカットを行った。

同海水浴場は県の水質調査で最もきれいで海水浴に適している「AA」と判定されており、安心して海水浴が楽しめる。日高町民に限り駐車料金を、日曜日以外メーン駐車場利用が無料となる特典がある。

(写真/海の施設にふさわしくなった新しい海の家)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年7月25日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索