おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

OECD議員連盟を結成 二階代議士が会長に就任 [その他]

[2014年4月25日掲載]

経済協力開発機構(OECD)に日本が加盟してことしで50周年を迎えたのを機に、超党派の国会議員が8日、東京都内のホテルでOECD議員連盟の設立総会を開き、役員選出で会長に二階俊博代議士が就任した。

総会には国会議員のほか、来賓にグリアOECD事務総長や元国連難民対策責任者の緒方貞子さん、歴代経済産業大臣ら約200人が出席した。

二階会長は「グリア事務総長は私が経済産業大臣の時に国際機関の選挙で日本を応援していただき、そして東日本大震災時には、いち早く来日し、風評被害対策などにご尽力をいただいた。我が国は、今後とも国際経済で指導的役割を果たすため、OECDの中心的役割を担っていく。議員連盟も政府と協力して発展に尽くしたい」と決意を述べた。

グリア事務総長は二階会長との長年の友情関係を披露するとともに「日本のようになりたいと世界の国々がOECDに加盟してくる。これからも国際社会のお手本として頑張ってほしい」。政府を代表して、安倍晋三総理の実弟、岸信夫外務副大臣が「議員連盟の活躍に期待します」とそれぞれ祝辞を述べた。

特別参加の中村裕一県議は「和歌山から自民党県連を代表して、吉井和視幹事長、冨安民浩総務会長と参加した。景気回復が和歌山でも感じられるためには、本格的な経済成長が必要。OECDはその基盤となる。二階代議士が活動を支援する国会議員の代表に就任されて活躍を期待します。外交にも、グリア事務総長と二階代議士のように個人的な信頼関係が大切だとよく分かった」と話している。

(写真/祝辞を述べるグリア事務総長)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年4月25日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索