おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

田辺~すさみ進捗率は65%近畿道紀勢線南伸工事最盛期 [田辺市]

[2014年3月28日掲載]

近畿自動車道紀勢線田辺~すさみ間(38キロ)の建設工事が各地で急ピッチで進んでいる。予算から見た事業の進捗(しんちょく)率は3月中旬で65%。貫通したトンネルや架設を終えた橋桁も出てきた。2015年度の国体(9月)までの開通に期待がかかる。

田辺~すさみ間は暫定2車線で。通行料は無料。▽上富田(上富田町朝来)▽白浜(白浜町十九渕)▽日置川(白浜町大古)▽すさみ西(すさみ町周参見)▽すさみ(すさみ町江住)の5カ所(いずれも仮称)にインターチェンジができる。上富田~白浜間では、上り線と一般道から入ることができる休憩施設を建設する計画を上富田町が立てている。

38キロのうち19.8キロはトンネル区間で22本の内11本が貫通済、トンネル貫通率は50%。架ける橋は44本(総延長7000メートル)の内、8橋が完成、橋梁完成率は約18%。用地契約率は約99%。

国土交通省近畿地方整備局紀南河川国道事務所は「地元の皆さんは非常に協力的で事業は順調に進んでいる。」国体が開かれる来年9月までの開通については「自然を相手の工事と平成26、27年度の予算の関係もあって明確には分からない。27年度の完成を目指して頑張っている」と説明。

(写真/紀南に向けて急ピッチで建設が進む近畿自動車道紀勢線(田辺インター近く))

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年3月28日付 ピックアップトップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索