おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

和歌山県立美術館で楽しむゴールデンウィークイベント [その他]

[2016年4月29日掲載]

和歌山市の県立近代美術館は「美術館で楽しむゴールデンウィーク!」を開催。親子での参加を呼びかけている。

イベント日程は次の通り。

▽29日(金)午後2時~3時「まるごと楽しむ春コレ」=コレクション展2016‐春について、担当学芸員が解説。

▽30日(土)午後2時~2時45分「おんちさんとかたち探検」(小学生無料、保護者は要入場券、午後2時までに受付で参加申し込みの上、1階受付集合)=小学生向け鑑賞会。

▽5月1日(日)午後2時~3時「恩地孝四郎を知ろう」要入場券、2階展示室入口)=恩地孝四郎に関連して、その人と作品について、大人から子どもまでわかりやすく解説。

▽5月2日(月)休館日

▽5月3日(火)午後2時~3時「恩地展フロアレクチャー」(要入場券、1階展示室入口)=恩地孝四郎について担当学芸員が解説。

▽5月4日(水)午後2時~3時「びっくり!手仕事 謄写版印刷」(要入場券、2階展示室入口)=手仕事のすごさ、手仕事だからできることに目を向ける。

▽5月5日(木)午後1時~3時「たんけん近代美術館・博物館」(参加無料、定員20人、電話等で要予約)=美術館1階受付集合。普段は見られない美術館・博物館の裏側を案内。

開館時間は午前9時30分~午後5時(入場は4時30分まで)。観覧料は「コレクション展 2016−春」「特集 謄写印刷工房からー印刷と美術のはざまで」各一般340円、大学生230円。「特別展 恩地孝四郎展 抒情とモダン版に重なるこころ」一般700円、大学生400円。共に高校生以下、65歳以上、障がい者の方、県内に在学中の外国人留学生(外国人就学生を含む)は常設展、企画展とも無料。休館日は月曜日(ただし、月曜日が祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し、次の平日が休館)。

申し込み・問い合わせは同館TEL073・436・8690。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年4月29日付 イベント・募集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索