おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

春の風物詩 生石高原山焼き 3月13日 ススキの大草原9・3ヘクタール [その他]

[2016年2月26日掲載]

和歌山県の有田川町と紀美野町にまたがる県立自然公園の生石高原の山焼きが3月13日(日)午前9時から行われる。(悪天候の場合は20日(日)に延期)

山焼きは有田川、紀美野の両町の主催で2002年から実施し、ことしで14年目となる。標高870メートルの山頂付近に広がる9・3㌶のススキの大草原を焼くことで芽出しを促進し、純粋なススキ草原の再生に寄与する。山焼きには毎年多くの見学客が訪れる春の風物詩。

午前9時から開会式。9時20分にアトラクションしみず温泉あてがわ太鼓演奏に続き点火式、9時30分から山焼き(9万3140平方㍍)午後零時50分に閉会式を行う。

同高原は約25ヘクタールの草原。高野山など紀伊山地の山並みや和歌山市周辺の町並み、紀淡海峡を眺めることができ、ハイキング道にはこれから多くの山草も見られることから年間約8万人が訪れる。

問い合わせは有田川町商工観光課TEL0737・52・2111。

(写真/壮大な山焼きに毎年多くの人が訪れている)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年2月26日付 イベント・募集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索