おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

信楽高原から御坊紀州鉄道へ 31日 新車両デビュー祝賀式典 [御坊市]

[2016年1月29日掲載]

日本最短のローカル鉄道で「りんこう」の呼び名で親しまれている御坊市の紀州鉄道に31日(日)から新しい気動車「SKR301号」が運行を開始する。

新車両は昨年10月3日まで滋賀県の信楽高原鉄道で運行していたのを無償で譲り受け、10月20日には紀伊御坊駅に到着していた。

新車両は現在のキテツ2号より車体が4メートル長く、16メートル。車輪も4輪多く8車輪あり幅もわずかに広く、定員も2号の88人より94人と6人多い。ベンチもこれまでは両サイドにベンチシートがあるだけだったが、SKRは4人掛けの対面座席がほとんどで乗客者に喜ばれそう。

31日は午後2時30分から紀伊御坊駅構内で柏木征夫御坊市長らを来賓に記念式典を行い、午後3時45分に西御坊駅からJR御坊駅行きの初運行を皮切りにダイヤ通りの運行を始める。

当日、紀伊御坊駅駐車場で午後2時~4時まで、りんこうグッズや地元産品を販売。午後4時前には、祝いの紅白餅を先着300人に、紀伊御坊駅と西御坊駅で配布する。

(写真/宮子姫のイラストも鮮やかな新車両)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事
2016年1月29日付 イベント・募集 一覧

2016年1月29日付 イベント・募集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索