おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

「空海の風景を考える」シンポ 4月18日 高野山大学松下講堂黎明館 [その他]

[2015年3月27日掲載]

高野山開創1200年を記念して4月18日(土)、和歌山県伊都郡高野町の高野山大学松下講堂黎明館で「司馬遼太郎『空海の風景』を考える」と題し、シンポジウムが開催される。

高野山真言宗と総本山金剛峰寺の主催で司馬遼太郎記念財団が特別協力する。上村洋行・司馬財団理事長の基調講演のあと、作家の荒俣宏、漫画家の里中満智子、高野山真言宗宗務総長の添田隆昭の各氏が、空海と高野山の魅力について話し合う。

定員は1000人。参加は無料だが、事前の申し込みが必要。住所と氏名、年齢、電話番号、参加希望人数を書いて、FAX(06・6633・2709)かはがき〒556‐8666(住所不要)産経新聞開発「空海の風景シンポジウム」事務局へ。4月8日(水)必着。

問い合わせは同事務局TEL06・6633・6804。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年3月27日付 イベント・募集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索