おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

『月映』3月1日まで県立近代美術館 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 木版にいのちを刻んだ青春 [その他]

[2015年1月30日掲載]

和歌山市の県立近代美術館は3月1日(日)まで同館2階展示室で「『月映』田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 ー木版にいのちを刻んだ青春」を開催中。

1914(大正3)年9月、3人の美術学生、田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎による木版画と詩の作品集『月映』が世に送り出された。展覧会では『月映』が刊行されて100年となるのを記念し、同館の所蔵品を中心に全国から作品を集め、約330点によりその全貌を紹介する。

開館時間は午前9時30分から午後5時(入場は4時30分まで)。休館日は月曜日。観覧料は一般510円、大学生300円。高校生以下、65歳以上、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料。28日(土)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料。

また、記念講演会として、8日(日)井上芳子(当館学芸課長)「月映の魅力」。22日(日)寺口淳治(広島市現代美術館副館長、前当館学芸課長)「月映と和歌山」(いずれも午後2時から4時、2階ホール)。学芸員による展示解説・スライドレクチャーが14日(土)午後2時から3時、2階ホールで開催される。

問い合わせは同館TEL073・436・8690。

(写真/田中恭吉《冬虫夏草》1914年)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年1月30日付 イベント・募集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索