おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

ニホンオオカミの剥製 2月1日まで展示 県立自然博物館 [その他]

[2015年1月30日掲載]

和歌山県海南市船尾の県立自然博物館は2月1日(日)まで、ニホンオオカミの剥製標本を特別展示している。ニホンオオカミは1905年1月に奈良県で捕獲されたのを最後に生存が確認されていない。絶滅したと考えられている。

ニホンオオカミの剥製や毛皮は世界で6体、国内で3体しか現存してなく貴重なもの。今回展示しているのは同館が和歌山大学から寄託を受けて収蔵しているもので、1904年ごろに奈良県大台山系で捕獲された。体長は1㍍。

開館時間は午前9時30分から午後5時(入館は4時30分まで)入館料は大人470円。65歳以上、高校生以下、障害者、県内の大学などに在学する留学生は無料。

問い合わせは同館TEL073・483・1777。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年1月30日付 イベント・募集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索