毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

特別展「須恵器誕生」 10月4日から県立紀伊風土記の丘 [その他]

[2014年9月26日掲載]

和歌山市の県立紀伊風土記の丘は10 月4日(土)から12月7日(日)まで特別展「須恵器誕生~新しい土器は古墳時代をどう変えたか~」を開催する。

須恵器は今から1600年前の西暦400 年ごろ(古墳時代のなかば)、朝鮮半島から作り方が伝わった硬くて丈夫なうつわ。須恵器を焼くには当時の最先端の技術である窯が必要であり、ヤマト政権や各地の豪族たちがきそって導入した。特別展では、和歌山県をはじめ、西日本の各地で見つかっている生産開始期の須恵器を一堂にあつめ、そこから見える祭祀や生活などの各場面に起こった古墳時代の社会変化について紹介する。

入館料は一般190 円、大学生90円、特別展開催期間は、一般350円、大学生210円。高校生以下、65歳以上、障害者手帳等を持つ人と県内在学の留学生は無料。

開館時間は午前9時から午後4時30分(入館は4時まで)。

休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は次の平日)。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年9月26日付 イベント・募集トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町村の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数43,350部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索