おかげさまで、ツー・ワン紀州は今年の7月25日で創刊23周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

市民7千人が真剣に御坊市で避難訓練 [御坊市]

[2019年11月22日掲載]

市民7千人が真剣に御坊市で避難訓練

 


大勢が参加

 

 御坊市は3日、南海トラフ巨大地震を想定した避難訓練を行った。5日の「世界津波の日」の意識が広く浸透しており、これまでで最多の71町内会(計約7000人)が参加した。

 市内放送などで大津波警報が知らされると、市民らは御坊小学校の屋上や近くの津波避難タワーなどへいち早くかけ上った。

 避難する際は、お年寄りや体の不自由な方を車いすに乗せて移動。ただ避難するだけでなく緊急時用に備えていた防災リュックをかつぐなど真剣さが目立った。

市防災対策課は、「市民の皆さんの防災に対する積極的な姿勢はありがたいです」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2019年11月22日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索