おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

「北朝鮮のミサイル発射看過できない」 [その他]

[2019年9月6日掲載]

「北朝鮮のミサイル発射看過できない」
北朝鮮核実験・ミサイル問題対策、二階本部長



二階本部長
 
 北朝鮮が7月25日以降6回目の飛翔体発射が相次いでいることを受け、16日に開いた自民党の北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の緊急幹部会で本部長を務める二階幹事長は「性能実験を進め、完成度を高めていると判断せざるを得ず、看過できない」と厳しい口調で述べ、政府に必要な対応を進めるよう求めた。
 北朝鮮の飛翔体発射は7月25日、31日、8月2日、6日、10日、16日と相次いでおり、発射の状況分析によれば少なくとも3種類の新たな弾道ミサイル等の開発の実験・検証を進めていると考えられる。政府、また米国も表面上は静観の体だが、着々と性能実験を進め、完成度を高めていると判断せざるを得ず看過できない。政府においては党の認識を踏まえ、米国等とさらに緊密に連携し、事態の把握と分析、必要な対応を進めるよう求めた。
 また、北朝鮮が国際社会の監視をかいくぐり、瀬取りを活発にして事実上骨抜きにしている事態も憂慮すると国際社会との連携と協力を密にし、実効ある制裁がなされるよう努力するよう求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事
2019年9月6日付 地域の情報 一覧

2019年9月6日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索