おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えます

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

三味線坊主が法話 [御坊市]

[2019年7月12日掲載]

三味線坊主が法話

天田の極楽寺

 


民謡を歌いながら

 

 御坊市塩屋町天田の極楽寺=下端弘彦(こうげん)住職=で628日、三味線法話が行われた。講師は「三味線坊主」と呼ばれている大阪府岸和田市、西光寺の寺尾昌治住職で「民謡で語る四苦八苦」をテーマに、三味線を演奏したり民謡を歌いながら心のありようなどをわかりやすくユーモアを交えて話した。

 極楽寺婦人部「ともいき会」(赤阪加也子会長)の主催。

 寺尾住職は現在、浄土宗芸術家協会会員などを務め、全国で三味線法話をして活躍している。

 28日は、「四苦八苦」と言われるように人間は多くの苦労を背負っているが、南無阿弥陀仏を唱え、民謡などを歌い、前向きに生きていくことが大切ではーーなどと話した。

 法話の途中では、檀家の人たちと民謡を一緒に歌うなどし、参加者は「楽しかった」と満足気だった。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事
2019年7月12日付 地域の情報 一覧

2019年7月12日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索