おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

有田地方の建設業の発展を願い後継者や若手で「建有会」発足 [有田市]

[2018年9月14日掲載]

有田地方の建設業の発展を願い
後継者や若手で「建有会」発足



建有会発足式で役員を後にあいさつする小堀会長
 
 有田地方で建設業を営む後継者や若手を中心とする「建有会」の発足式が1日、有田市星尾の鮎茶屋で開かれた。来賓に木村誠治・有田振興局建設部長や中井賢次・和歌山県、有田建設業・湯浅建設業協会会長らを迎え、74人が出席して盛大に行われた。
 発足式は中屋喜臣氏の司会で始まり、建有会の会長となった小堀亮氏が「建有会は今年の5月7日に、有田郡市から12人の同志が集まり、有田地方の建設業の発展と親睦、後継者の育成、会員の技術力の向上等のために発足。地域の安心と安全を守る基幹産業として魅力ある会にしていきたい」とあいさつ。
 来賓を代表して、中井賢次氏が「我々は来賓という立場でなく、同志・支援者の立場で出席している。会の立ち上げはエネルギーがいるもの。やる気、体験、スキームの3つをバランスよくして頑張っていただきたい。我々建設業協会もできるだけ努力していく」とお祝の言葉を述べた。続いて木村部長は「有田建設業協会・建有会のメンバーが揃っていることに力強く思う。災害の緊急対策には地元の建設業社の力が必要。建設的な発展を願う」とあいさつ。
 来賓と小堀亮会長による樽酒鏡開きのあと中井崇義・建有会副会長が元気よく乾杯の音頭をとり懇親会に入った。閉会あいさつは江川真司・建有会副会長が行い終宴となった。
 建有会の役員は次の皆さん。会長=小堀亮(㈱丸庄組)▽副会長=中井崇義(㈱中井組)江川真司(㈱江川建材)▽会計=中屋喜臣(㈱中屋組)▽理事=冨田泰行(㈱冨田組)松原大輔(㈱松原造園土木)樫原正樹(㈱山正組)佐原伸哉(㈱ワカノ)嶋朝也(㈱紀州コーポレーション)谷圭介(河田有紀地質)辻井良博(辻井組)織本靖弘(織本組)▽監事=望月直人(望月建設)桑原孝弥(桑原組)。
 建有会の事務所は有田建設業協会内(湯浅町湯浅2355番地39☎0737・62・4193)。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事
2018年9月14日付 地域の情報 一覧

2018年9月14日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索