おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

開教記念祝賀祭に3000人 [印南町]

[2018年2月23日掲載]

開教記念祝賀祭に3000人
アトラクションや餅まきで祝う
宗教法人 弘龍庵

 
餅ひろいを堪能した弘龍庵の餅まき
 
 宗教法人・弘龍庵の第88回開教記念祝賀祭は11日、印南町島田の弘龍庵本部で開かれ、県内外から3000人を超える信者らが訪れてにぎわった。
 本堂で記念法要が営まれ、竹田無風会長のあいさつのあと、田辺市稲成町の稲荷神社氏子有志が獅子舞を奉納。第3会場や講堂前広場でバザーやフリーマーケットが開かれ、信者会館では弘龍庵習い事教室の絵画、書道、陶芸、華道に幼児作品などが展示。講堂は岡崎弥生さんの司会で素人演芸会が始まり、アコーディオン演奏や日本舞踊、劇・教祖さま物語に真田豊実のマジック、有田支部による豊年おどりが披露された。
 午後は第3会場の特設ステージでプラリズムのよさこい踊りからカラオケ大会の合間にアトラクションで指先からトランプを次から次へ出現させるマジシャン、和歌山市出身の天才演歌少年・原なみと、みなべ町出身のシンガーソングライター・川島ケイジが登場、長身で甘いマスクから出る美声に会場は拍手で盛り上がった。
 子どもたちのだんじり曳行されてグラウンドに出ると6つのやぐらが組まれ県下最大級の20俵の餅がまかれるとあって地元民らも駆け付け、大勢の人でにぎわった。駐車場の献血車には多くの人が献血をしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事
2018年2月23日付 地域の情報 一覧

2018年2月23日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索