なた豆茶の化粧せっけん 日高元気塾が王子食品と開発[日高町]/ツー・ワン紀州


おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

なた豆茶の化粧せっけん 日高元気塾が王子食品と開発 [日高町]

[2017年1月13日掲載]

なた豆を使った、お茶やアメ、ショコラなどの商品を売り出している和歌山県日高郡日高町の日高元気塾(井上純代表)が、このほど栄養補助食品開発事業者の王子食品㈱(本社・京都市)とコラボレーションしてなた豆茶のエキスを配合した化粧せっけん「木のくにの恵み石鹸」を開発して販売を始めた。無添加、無香料の手作り石鹸は泡立ちよくしっとり感や体臭予防にも効果があるといわれ、なた豆ブームの新商品で話題を呼びそう。

木のくにの恵み石鹸は日高元気塾のなた豆茶の生産販売などを知った王子食品から声がかかったもので昨年の7月から開発が進められ、昨年の年末にようやく完成した。

せっけんは透明感を出すために1カ月間常温で乾燥、表面を手で磨くなどいずれも1個ずつ、手間暇かけた手作業で、なた豆茶からエキス抽出に1週間の釜炊きから商品になるまで3カ月かかっている。

商品は丸形の固形で、20グラム150円、100グラム500円で日高・有田地方の美容院などで販売するほか、王子食品が東京、大阪支店、福岡営業所などで販路を開拓中。

王子食品の石田隆彦プロジェクトマネージャーは「私が調べた限り、全国的にも例のない商品。赤ちゃんからお年寄りまで安心して使っていただけます」とPR。

(写真/ぜひ使ってみてと元気塾の皆さん)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2017年1月13日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索