おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

第10回みやこ姫よさこい祭り大盛況 日高川の清流をバックに700人が舞う パワフルな演舞に1万5000人が魅了 [御坊市]

[2016年5月27日掲載]

第10回みやこ姫よさこい祭り(古久保恭一実行委員長)は15日、和歌山県御坊市野口の日高川ふれあい水辺公園せせらぎ広場で開き、親子連れら延べ1万5000人でにぎわった。メインのよさこい踊りは過去最高の44チームが出演。開会前と最終に昨年よりパワーアップされた総勢700人以上の総踊りが清流日高川をバックに華麗に繰り広げられ観客を魅了。節目の年の開催となり来年へとつないだ。

特設ステージに全よさこいチームによる「みやこ姫よさこい音頭」と「YAPPA紀州」の2曲の総踊りで幕開け。開会式では古久保委員長が「第10回みやこ姫よさこい祭りの開催できることを大変嬉しく思います。今日1日この場所で皆さんのパフォーマンスを見せていただき、また十分楽しんでいただき御坊の思い出を増やしてほしい」とあいさつ。続いて10回連続出場の楠見おどりっ子隊(和歌山市)紀道(同)ザ☆べんけいず(田辺市)の3チームに同まつりの発展に寄与されたと古久保委員長から感謝状を贈呈した。

このあとメインステージとパレードエリアでそれぞれのチームがカラフルな衣装と独自のよさこいで演舞がスタート。御坊市の「夢屋舞組」をはじめ有田地方から参加した「A.S.T」(有田市)「KARNA翼」(有田川町)「紀楽蝶」(湯浅町)もテンポのよい踊りを披露し、大きな拍手を浴びていた。正午には「日舞清姫会」と「日舞清姫会御坊教室」が登場し華麗な舞を見せた。御坊スポーツクラブ・太極拳教室のステージも好評だった。

会場には飲食や雑貨などのフリーマーケットのブースが立ち並び大盛況。木乃国らんちゅう愛好会のらんちゅうプレゼントも喜ばれ、ポニーやぎさん牧場も会場を和ませていた。ラストにも総踊りが行われ、午後4時から恒例の餅まきで締めくくった。

(写真/開会式の総踊りで会場はよさこい一色に)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年5月27日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索