おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

「シロウオすくい」「おどり食い」 湯浅のシロウオまつり2000人でにぎわう [湯浅町]

[2016年3月25日掲載]

和歌山県の湯浅、広川両町の境を流れる広川へのシロウオ遡上に合わせて開催される「第12回紀州湯浅のシロウオまつり」(坂口計実行委員会長主催)が13日、湯浅町湯浅の島之内商店街、広橋周辺であり、町内外から約300人がシロウオすくいやおどり食いなどを楽しんだ。

広川では、伝統の「四つ手網漁」も行われ多くのアマチュアカメラマンがシャッターを切っていた。シロウオ漁は300年以上の歴史があり、春の風物詩になっており、ことしのシロウオは豊漁だという。

(写真/シロウオすくい。多い人で15匹もすくっていた)

会場には「シロウオすくい」生きたままポン酢で味わう「おどり食い」やシロウオの炊き込みご飯の販売に家族連れらが長い行列を作った。おどり食いに初めて挑戦した親子は「いま生きたままはねながらのどを通った」と経験のない食感にワイワイ言いながら味わっていた。また、タチウオなどの物産品や湯浅町内の観光地をまわるスタンプラリーに参加すると抽選で豪華景品が当たるとあって人気だった。

(写真/300年の歴史がある伝統の「四つ手網」)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年3月25日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索