おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

早く一人前になり国民の期待に応える 日高地方自衛隊入隊・入校激励会 [御坊市]

[2016年3月25日掲載]

自衛隊和歌山協力会(瀧頭清治会長)らによる平成27年度日高地方自衛隊入隊・入校予定者激励会が12日、御坊商工会議所で開き、保護者や出身学校長、関係町長、県議らに会員約80人が出席して16人(2人欠席)の門出を祝福した。

入隊・入校予定者は拍手のなか会場に入場。協力会の瀧頭会長は「国民の生命・財産、安心安全を守る崇高な任務。命令を受け行動するがその行動の意味を理解し立派な自衛官になられるよう」とあいさつ。来賓の二階俊樹代議士秘書、中村裕一県議、町村会長の小谷芳正みなべ町長が代表して祝辞を述べた。

和歌山地方協力本部の西村和己本部長は「幸せにはしてもらう幸せ、できる幸せ、してあげる幸せの3つがある。自衛隊はしてあげる幸せの組織」と訓示。

昨年、37普通科連隊に入隊した美浜町の下古屋健生さんは教育隊で学んだことを紹介した上で「不安な気持ちもあると思うが、同期がいるから心配ない。皆さんと仕事を一緒にできることを楽しみにしている」と激励。入隊・入校予定者を代表して坂口竜一朗さんは「身に余るお祝いと激励の言葉を頂き、一同感激で胸がいっぱいです。この感激を忘れることなく一日も早く自衛官となり、国民の期待に応え、我が国の平和と独立を守る重要な任務に邁進する覚悟」と決意を述べた。

入隊・入校予定者は次の皆さん。

【陸上自衛隊】芝田祐斗、西野匠海、中岡征哉、北岡泰典(御坊市)池内拓郎、津村明杜、津村颯希(美浜町)坂口竜一朗、湯川諒、濱口秀人(みなべ町)朝間星斗(日高川町)長井知也(印南町)【航空自衛隊】徳永尚朋、坂井功輝(御坊市)【海上自衛隊】蟻芝直人(日高川町)【陸上自衛隊高等工科学校】宮本響来(御坊市)。

(写真/平成27年度、入隊・入校の皆さん)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2016年3月25日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索