おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

公務員の冬のボーナス 市長・議長・議員、御坊市より有田市が多い [その他]

[2015年12月18日掲載]

和歌山県内各自治体で10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。県は特別職の仁坂吉伸知事が276万8716円、副知事が217万3785円、議長223万8437円、副議長190万8562円、議員181万4312円。一般職1万6209人の平均支給額は79万1522円(平均年齢43歳9カ月)警察関係は73万695円(38歳9カ月)教育関係は80万9119円(44歳11カ月)だった。

市関係では、有田市=市長193万2863円、副市長162万2650円、教育長140万7888円、議長119万3125円、副議長107万3813円、議員100万2225円。職員418人▽総額3億1804万1057円▽平均71万2397円(42歳4カ月)。

御坊市=市長188万3700円、教育長43万9875円、議長112万4125円、副議長100万1937円、議員95万3062円。職員316人▽総額2億3689万3178円▽平均74万9661円(42・7歳)。

その他の市長の支給額は和歌山市=250万7277円▽橋本市=195万7444円▽紀の川市=185万9781円▽岩出市=170万6250円▽海南市=217万4937円▽田辺市=200万4450円▽新宮市=159万2500円。

有田市の市長・議長・副議長は御坊市に比べそれぞれが多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年12月18日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索