おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

海上自衛隊 阪神基地隊由良基地分遣隊  開隊61周年を祝う! 掃海艇「なおしま」の一般公開にぎわう [由良町]

[2015年10月30日掲載]

和歌山県日高郡由良町阿戸の海上自衛隊、阪神基地隊由良基地分遣隊(太田耕治隊長)の開隊61周年記念行事が17日、由良体育センターで催された。

記念行事を前に神戸から由良基地に寄港した掃海艇「なおしま」の一般公開も行われ、家族連れやカップルなど多くの人が見学、隊員から説明を受けた。

(写真/一般公開された掃海艇「なおしま」)

由良体育センターで開かれた祝賀会には県議や首長、議会、自衛隊和歌山協力会や各関係者ら約70人が出席。馬場博文協力会由良支部長は「自衛隊を取り巻く情勢が厳しくなる中、協力会としても隊員の皆さまが誇りを持って任務遂行にあたれるようこれからも支援したい」とあいさつした。

来賓を代表して畑中雅央由良町長が祝辞。井窪誠文副長、畑中町長、馬部支部長、太田隊長らが鏡開きを行い、玉置一郎由良町議会議長の発声で乾杯し、隊員の手料理などを楽しみながら懇談した。

(写真/馬場支部長(左)らで鏡開き)

一般公開の掃海艇なおしまは基準排水量510トン、全長54メートル、全幅9・4メートル、速力14キロノット、乗員37人の最新鋭の木造掃海艇で20ミリ機関砲も装備している。

由良基地分遣隊は昭和14年11月1日=旧海軍紀伊防衛隊開隊▽20年8月15日=終戦に伴い閉鎖▽27年8月1日=保安庁警備隊大阪航路啓開隊由良基地を設置▽29年7月1日=海上自衛隊大阪基地隊由良基地に改称、同年10月1日に由良基地分遣隊発足。隊長のもと総務科、警備科、補給科、通信所で編成している。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年10月30日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索