おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

寺子屋ニュース [御坊市]

[2015年7月31日掲載]

NPO法人寺子屋(二階俊樹、柳岡直樹共同代表)は、23日、和歌山県御坊市の東春日会場で、ビジョントレーニング教室に小柳義也講師を招いて開催。子ども3人と大人8人が参加して、2時間みっちりと、目を使って、頭がへとへとになりながら楽しんだ。二階共同代表は「大人も頭と目の活性化に役立った。特に、8歳未満の子どもに効果があるという話なので、県内で小学低学年、幼稚園・保育園で継続実施出来るところを探してみたい」と、話している。

小柳義也講師(御坊メガネ店主)は「このたび、ビジョントレーニング教室を開催して頂き、ありがとうございました。一人でも多くの方にビジョントレーニングとはどんなものかを知って頂ける絶好の機会となりました。参加して頂いた方の中にも眼位に異常のある方も数人おられました。いつも思うのですが、このような教室を開催させて頂くたびに、身近なところに何人もビジョントレーニング対象者がいると言う事に驚かされます。縦書きの本や新聞紙面を読んでいて、行を飛ばしたり同じ行の頭に戻ってしまったりすることが良くあるという方は、おられませんでしょうか。そのようなことがたびたびあると言う方は、眼位異常の検査を受けてみた方が良いかもしれません。ビジョントレーニングは、両目で同時に同じものを網膜上の同じ位置に正しく見る事(両眼視)の訓練です。瞬間的に正しく物を見て判断する能力や、素早くピントを合わせる能力などを向上させ、想像力や、観察力などを高めていくトレーニングなので、お子様ばかりでなく、成人にも効果の有るトレーニングなので、ぜひ一度お試しいただきたいと思います」と語っている。

(写真/トレーニングの1コマ)

NPO法人寺子屋では、子どものために頑張る大人を助勢したいとして、「先生」を「募集」しています。次の企画として、杉本卓治先生(御坊市)を招いて、木を使った工作教室を計画しています。活動内容、活動提案、寺子屋99DVDの無償配布など。

問い合わせは、 terako@teracoya.jp、TEL090・3265・4031(二階)まで。

(写真/小柳講師によるビジョントレーニング)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年7月31日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索