おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

農薬危害防止運動 7月14日まで [その他]

[2015年6月26日掲載]

和歌山県が、7月14日(火)まで平成27年度農薬危害防止運動を実施している。

農薬は適切に使用すれば安全な資材だが、使用方法を誤ると使用者や周辺環境に対して被害を及ぼす恐れがある。農薬の安全・適正な使用、保管管理及び販売方法、使用現場における周辺への配慮などの正しい知識を周知し、農薬の不適切な取り扱いやそれに伴う事故などを未然に防ぐことを目的としている。主な活動内容は次の通り。

①農薬散布時の事故防止対策の周知=農薬使用者に対し、農業用マスク、保護メガネなどの着用や強風時における農薬散布の回避などの農薬散布時の事故防止対策を周知する②農薬の適正使用・販売の徹底=農薬使用者に対し、農薬使用時の注意事項や正しい保管管理方法などを徹底する。また、農薬販売店における農薬の販売・保管管理状況を確認し、適正販売についての指導を行う③医療機関などに対する農薬中毒発生時の対応についての情報提供=保健所などに対し、農薬の中毒症状及びその応急処置に関する資料を配付し、万が一事故が発生した場合の処置体制について万全を期する④広報活動=啓発パンフレットの配布、ポスターの掲示、広報期間への資料提供などにより、農薬使用に関する正しい知識の普及啓発を行う。⑤講習会の開催やその他危害防止に必要なこと。

実施機関及び協力機関は、県農林水産部、県福祉保健部、県環境生活部、保健所、振興局地域振興部、県農作物病害虫防除所、県農業協同組合連合会、県農業共済組合連合会、県植物防疫協会、県毒物劇物取扱者協会、県農薬販売業協会、県農薬卸商協同組合、市町村、JA。

問い合わせは県庁環境生活部環境政策局環境管理課TEL073・441・2688。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年6月26日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索