おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

紀勢道、田辺~白浜間(14キロ) 7月12日、午後3時に開通 [その他]

[2015年6月26日掲載]

和歌山県の紀勢自動車道の南紀田辺インターチェンジ(IC)~南紀白浜IC間(14キロ)が、7月12日(日)午後3時に開通する。開通に先立ち、午前10時から国や県、市町、地元民らで開通式典を開く。

夏の観光シーズンに合わせて開通するもので観光客アップに期待されるほか、命の道として災害時の復旧支援や代替機能が強化される。また、県は開通に合わせ、紀勢道と白浜温泉街方面とのアクセス道路として整備中の「フラワーライン」(総延長4.4キロ)のうち、白浜町十九渕の国道42号から同町中までの延長1キロを開通させる。

南紀白浜IC紀南からすさみの24キロは、9月の「紀の国わかやま国体」開催までに開通を目指しており、日置川(白浜町大吉)、すさみ(すさみ町周参見)、すさみ南(同町江住)の各ICができる。

紀勢道は片側1車線(暫定2車線)の無料通行区間。紀南に無料の新たな幹線道路が開通していくことで、国道42号などの渋滞緩和のほか、南紀の観光や救急医療、防災といった面でも期待される。

県内の高速道路の南伸状況は▽1974年10月=阪南~海南(26.7キロ)▽1984年3月=海南~有田(9.8キロ)▽1994年7月=有田~広川(6.1キロ)▽1996年3月=広川~御坊(12.9キロ)▽2003年12月=御坊~みなべ(21.1キロ)▽2007年11月=みなべ~南紀田辺(5.8キロ)が開通。有田~南紀白浜間の69.7キロに21年間の年月を費やしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2015年6月26日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索