おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

都市住民の3割以上 農山漁村に定住願望 [その他]

[2014年8月29日掲載]

都市部に住む人の31.6%が農山漁村に定住してみたいと考えていることが内閣府の農山漁村に関する6月の世論調査で分かった。2005年の調査から約1.5倍に増えた。

調査は全国の20歳以上の男女1880人から回答を得た。現在の都市在住は1147人、農山漁村在住は700人で、他は「どちらともいえない」などだった。

農山漁村に定住したいと答えた都市住民は世代別では20代の38.7%が一番多かった。男女別では男性が36.8%で女性より約10ポイント高かった。

一方、農山漁村に住む人で都市部に移住したいと答えたのは19.7%。20代では34.5%と高かった。現在の生活で困っていることは「仕事がない」「交通手段が不便」「医療機関、施設が少ない」との回答も多かった。

農林水産省は「体験型観光のグリーンツーリズムが普及するなど、都市部の人々に、農山漁村への関心が高まっている」と分析。また、定住に必要な条件として「医療機関、施設の存在」(68%)「生活が維持できる仕事」(61.6%)が上位に挙がっており、受け入れ側の課題がクローズアップされたことで、改定作業を進めている農政の長期指針に結果を反映させたいとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年8月29日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索