おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊22周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

ポンプ車操法の部 初島分団優勝 11月、東京の全国大会へ出場 [その他]

[2014年8月15日掲載]

第25回県消防ポンプ操法大会が7月27日、和歌山県田辺市の大塔中学校で開催され、有田市代表の初島分団(喜多稔分団長)がポンプ車操法の部で優勝した。

ポンプ車操法の部には12チームが出場。1チーム5人で一戦でホースを3本に延長、二戦でさらに3本をつなぎ、一連の動作の正確性やタイムなどを競った。初島分団は5月の連休明けから練習してきた成果を披露した。

県消防ポンプ操法大会は2年に1回開催。指揮者1人と1番員から3番員で行う「小型ポンプ操法」と指揮者1人と1番員から4番員が行う「ポンプ車操法」の2部門があり、各部門の1位が11月8日(土)に東京臨海広域防災公園で開催する「第24回全国消防操法大会」へ出場する。

初島分団のメンバーは次の皆さん。橋中計治(指揮者)堀江俊博(1番員)松下皇太朗(2番員)黒﨑大祐(3番員)岡川昌史(4番員)。

(写真/優勝した有田市消防団初島分団の皆さん)


小型ポンプ操法で日高町消防団準優勝
小型ポンプ操法の部では和歌山県日高郡の日高町消防団が準優勝と健闘した。同操法の部には14チームが出場。1チーム4人で防火水槽から取水してホースを延長し、放水までの一連の動作やタイムなどを競った。

日高町消防団のメンバーは次の皆さん。武内久直(指揮者)山田周平(1番員)楠本卓也(2番員)白井利弥(3番員)。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年8月15日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索