おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

県経済回復のチャンス 県議会議長に坂本登氏 [その他]

[2014年6月27日掲載]

和歌山県議会は11日の6月定例会で正副議長の改選を行い、新議長に坂本登氏(67)=自民、日高郡選出、副議長に尾﨑太郎氏(48)=自民、和歌山市を選出した。任期は慣例で1年。

議長選は無記名投票で、坂本氏が全40票を獲得。副議長選は尾﨑氏に34票、無効票が6票だった。

坂本氏はみなべ町在住。1999年に初当選し、4期目。これまで副議長のほか、農林水産委員会、経済警察委員会、文教委員会、半島振興・交通・産業振興対策特別委員会の委員長などを歴任した。

尾崎氏は2003年に初当選し、3期目。建設委員会、議会運営委員会、総務委員会の委員長などを務めた。

また、関西広域連合議会議員ついては、花田健吉氏=自民、日高郡選出が選ばれた。

坂本氏は「人の和を大事に活力ある和歌山県を築いていきたい。雇用問題や防災対策など待ったなしの課題がある。また、紀伊山地の霊場と参詣道の世界遺産登録10周年や来年の紀の国わかやま国体など県経済の回復や活性化に絶好の機会。このチャンスを生かし、創意工夫と努力を積み重ねて地域経済の活性化を図りたい」などと議長就任の抱負を述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年6月27日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索