おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

調査捕鯨を継続へ対策を 県町村会が決議 [その他]

[2014年5月30日掲載]

県町村会(小出隆道会長・上富田町長)は19日、和歌山市の県自治会館で開いた定期総会で、日本が南極海で行っている調査捕鯨について国際司法裁判所が3月に現状での中止を言い渡した判決を巡り、政府に調査捕鯨継続のための対策などを求める特別決議を全会一致で可決した。

決議では、判決について「国際捕鯨取締条約からの脱退も視野に対策を強力に推進してもらいたい」と求めた。

太地町の三軒一高町長は「本来の目的から外れた国際捕鯨委員会(IWC)を抜け、国際組織を作り直す必要すらある。政府も認識しているはず」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年5月30日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索