おかげさまで、ツー・ワン紀州はことし7月25日で創刊21周年を迎えました

毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

40億円・だんじり効果 岸和田市が初の試算 [その他]

[2014年5月30日掲載]

大阪府岸和田市は、勇壮なだんじり(山車)の引き回しで全国に知られる「岸和田だんじり祭」の昨年の経済効果を約40億円と算出した。だんじり祭の経済効果を算出したのは初めて。

岸和田市によると、堺市の外郭団体「堺都市政策研究所」と共同で試算。昨年9月の祭りで、岸和田市を含む大阪南部の泉州地域(9市4町)に及ぼす効果を調べた。

観光客の宿泊や移動、飲食の消費支出を約23億400万円と算出。祭りの関係者や地域住民からは、衣装代や各町会の会合の飲食費などで約9億7千万円の消費支出があったとしている。

昨年は台風の影響で観光客が例年より14万人少ない約46万人にとどまったが例年並みの60万人だと経済効果は約46億円に上るとみられるという。

担当者は「伝統文化の継承だけでなく、地域活性化への貢献も計り知れない」と話している。

昨年の岸和田だんじり祭には御坊歩こう会(会員71人、玉置章吉会長)が第419回の定例会で見学しており、玉置さんは「近くで見るだんじりの荒々しい迫力を観に全国から来るのがよくわかります。統制のとれた進行もすばらしかった」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年5月30日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数40,578部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索