毎週金曜日更新 和歌山県の地域情報 ツー・ワン紀州

有田広域圏1市3町 新ごみ処理施設候補地 1次選定で3カ所に [その他]

[2014年2月28日掲載]



有田周辺広域圏事務組合(管理者・望月良男有田市長)は、有田郡市1市3町(有田市、有田川町、湯浅町、広川町)で新ごみ処理施設建設候補地を一般公募で3カ所、構成市町の推薦地で3カ所の計6カ所を挙げていたが12日、建設候補地を3カ所に絞り、これから2次選定に入ると発表した。


新ごみ処理施設建設候補地の選定にあたっては、外部の専門家を含めた選定委員会を設置。1次選定では県立自然公園、保安林、砂防指定地など法規制等の審査を行い、②広川町大字西広地区④有田市宮原町畑地区を候補地から除外した。また、⑥有田川町大字土生地区は取り下げの申請があった。今後は①湯浅町大字山田地区(19.9998ヘクタール)③広川町大字西広地区(2.5884ヘクタール)⑤有田川町大字川口地区(7.8870ヘクタール)が2次選定の建設候補地となる。①③は推薦地で⑤は公募地。2次選定は、さまざまな観点から評価(点数化)し、3月末をめどに管理者会で検討して建設予定地を1カ所に決定する方向で進んでいる。

現在は有田市と有田川町は有田川町上中島のごみ処理施設「環境センター」、湯浅町と広川町は湯浅町湯浅のごみ燃料化施設「リユースなぎ」(操業停止中)の2つの施設でごみ処理をしているが、老朽化に伴い、より効率的なごみ処理を目指して建設するもので、平成33年度の稼動を予定している。

計画の新施設はエネルギー回収推進施設(焼却)で可燃ごみの減量を図り、処理過程でエネルギーを回収して有効利用する。1日の処理能力の概要は65トン。リサイクルセンターは1日21トンであるが稼動時期の情況によって見直しも検討される。


有田川町上中島の「環境センター」

湯浅町湯浅の「リユースなぎ」操業停止中)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
おすすめ記事

2014年2月28日付 地域の情報トップへもどる
地域情報紙への広告掲載随時受付
ツー・ワン紀州への広告掲載募集

弊社発行の和歌山県有田地方・日高地方3市9町村の16万1000人を対象に発行している当地方最大発行部数43,350部の地域情報紙「ツー・ワン紀州」に広告を掲載しませんか?

サイト内検索